Cosmo Buono

Chairman and CEO of ABI

 
 

Steinway Artist Cosmo Buono is Chairman and CEO of Alexander & Buono International. Having first come to international prominence with the Bradshaw & Buono piano team, he, along with the late David Bradshaw did much to restore awareness of rare works written by Chopin, Liszt, Rossini, and Schubert. By continuing a tradition of distinguished piano duos begun with Liszt-Chopin and Debussy-Casella, Bradshaw & Buono played in major capitals and festivals throughout the world including New York’s Alice Tully Hall, Wigmore Hall in London, the Amsterdam Concertgebouw, and the Mostly Mozart Festival, all while creating a discography that includes Grammy-nominated recordings. 

In addition to performing, Mr. Buono has distinguished himself as not only as a sought-after piano coach, but also one of the foremost teachers of the Leschetizky Method in the United States.  Leschetizky was known for producing pianists capable of a resonant, almost voice-like quality on the piano, and it is that same technique which is part of Mr. Buono’s overall pedagogy. Advocating rich, expressive playing, he discourages students from note-perfect performances that lack enthusiasm, in favor of a complete understanding and communication of the musical idiom of the composer.

In addition to supervising music schools in Italy and Japan, Mr. Buono also heads The Alexander & Buono Festival Orchestra, and serves as Artistic Director of the Bradshaw & Buono International Piano Competition, which has been called “one of the most important piano competitions in the world.” 

"スタインウェイアーティスト"コスモ・ブオノ氏はピアノ連弾奏者として、ショパン、リスト、ロッシーニ、シューベルトの作品を中心に稀に見る形の復元演奏を試み、故デイヴィット・ブラッドショーと共に世に名声を挙げました。リストショパン、ドビュッシーカセラのピアノデュオを伝統的なスタイルで演奏しニューヨークのアリス・トゥリーホール、ロンドンのウィグモアホール、モーツアルト音楽祭等世界の主要都市で演奏、その間のレコーディングはグラミー賞にノミネートされました。

ピアノ指導者として珍重されるだけに留まらず、アメリカで最初に"レシェテスキメソッド"を広めたとして名高いのがブオノ氏です。ある時「完璧でない演奏に熱意を失いつつある生徒」に落胆した彼は、各々の作曲家の作風に対する理解を深めてより表現豊かな演奏方法を指導する為にレシェテスキメソッドを取り入れました。あたかも「声」を出すのと同じようにピアノを奏でる、つまり「話しかけるような」演奏法が出来る秀れたピアニストを世に送り出したレシェテスキのメソッドを唱えた教育者でもあります。

イタリア、日本の音楽教育機関監督を始め Alexander & Buono Festival Orchestra、及び Bradshaw & Buono International Piano Competitionのディレクターも務めています。

又コスモ・ブオノ氏は受験を控える親子にこんな事をアドバイスしています。

"音楽の勉強の経験を活かして書かれた履歴書、内申書は大学の入学審査で大変有利なポイントになります。例えば私のピアノの生徒の一人が通常より一年早くイエール大学から合格通知がきました。彼は医学部志望ですが「音楽を真剣に勉強した」という論的証拠をアピールする事で学校側は、この生徒が何事に取り組むにも精巧で洗練された高レベルの人間であると認めるのです。何故なら一つの目標を達成する為に長い時間をかけて鍛錬する。それが音楽に必要だからです。私の生徒の多くがアイビーリーグの大学に合格していますが皆必ずしも音楽専攻ばかりではありません。ただ音楽はとても良い助けになる、つまりどんな勉強を極めるにしても音楽のバックグラウンドが大変良い影響力を生むという事です。"